ピーターパンに憧れて

21歳の大学生が普段の生活の中で気になったことを気まぐれに書いています.

野球漫画の登場人物で最強打線を組んでみた!!

f:id:road-to-the-victory:20170430193556j:plain

 

僕は小さいころから野球が好きで,よく野球漫画を読んでいました.

野球以外の漫画は自分のお小遣いでしか買えませんでしたが,

父親が野球好きということもあって,野球漫画だけは

頼んだら父親が買ってくれていました.

 

小さいころからたくさんの野球漫画を読んできた僕が,

登場人物で最強打線を作ったらどうなるのだろうかと思い立ち,

記事を書いております.

 

あくまでも僕が読んだことのある野球漫画の登場人物なので,

人によっては「こいつは入れないとあかんやろ!」みたいな

意見はあるかもしれませんが,その辺は勘弁してください(笑)

 

紹介文とともに最強打線を発表

1番 センター 新見 克也 (ナイン)

f:id:road-to-the-victory:20170426155257j:plain

(出典:No.47483 4.新見克也 あだち作品… - ★★★アニメ関連山手線ゲーム☆☆☆ - マンガ、アニメと小説掲示板 - textream)

 

球漫画といえばあだち充

そのあだち充が描いた「ナイン」の主人公がこの新見克也.

中学時代,陸上部だった新見克也は短距離の記録保持者.

高校に入り,陸上部に入る予定だったが,

マネージャーが可愛くて野球部に入部する.

 

漫画の中身自体はラブコメ要素が強め.

あだち充の初期の代表作ということもあり人気は高いし

面白いと思います.

 

2番 セカンド イガラシ(キャプテン)

f:id:road-to-the-victory:20170430175352j:plain

(出典:http://atohz.blog36.fc2.com/blog-entry-258.html)

 

「キャプテン」は70年代にジャンプに連載されていた野球漫画です.

父親に最初に買ってもらった野球漫画が「キャプテン」でした.

父親曰く,「50代の野球好きはみんなこの漫画を知っている」

とのこと.

 

キャプテンといえば谷口タカオが有名ですが,

総合的な野球センスとしては,イガラシがピカイチな気がするので,

「キャプテン」からはイガラシを選出しました.

 

3番 サード 田島 悠一郎(おおきく振りかぶって

f:id:road-to-the-victory:20170430180811j:plain

(出典:http://hajime.self.jp/jpg/sox/oofuri/10.htm)

おおきく振りかぶって」は割と最近の野球漫画.

野球好きの女の子が読んでいる野球漫画の一つな気がします.

僕が小学生の時からアフタヌーンで連載されています.

 

おおきく振りかぶって」といえば,三橋ですが,

あくまでも最強打線を作るという意味での選出.

 

選球眼の良さ,チャンス強さ,打撃センスはもちろん

走力,守備力どれをとってもピカイチ.

本作では3番を打っている場面はありませんが,

僕が田島を打線に組み入れるならば3番かなと思い,

ここでの選出となりました.

 

 

4番 キャッチャー 山田太郎ドカベン

f:id:road-to-the-victory:20170430181439j:plain

(出典:https://twitter.com/yamataro1201)

 

球漫画の王道といえば,やはり「ドカベン」.

有名な野球漫画ではありますが,少し昔の漫画なので,

若者世代で読んだことのある人は意外と少ないのかなというのが僕の印象です.

一応ドカベンの続編は現在も連載が続いているとのことです.

(僕は読んでいないのですが・・・)

 

そんな「ドカベン」の主人公が,キャッチャーの山田太郎

おそらく野球漫画界最強の4番にして最強のキャッチャー.

体つきから窺えるパワーは申し分なし.意外とバットコントロールもいい.

そしてキャッチャーとしては強肩でリードする力もある.

唯一の欠点は足が遅いこと.(守備の時は軽快な動きをするが)

 

 

5番 ファースト 花形満巨人の星

f:id:road-to-the-victory:20170430182927j:plain

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2139891877478778101/2139892320581899103)

 

巨人の星といえば星飛雄馬のイメージが強いかもしれませんが,

その星飛雄馬のライバルがこの花形満

天性の打撃センスをもちながらかなりの努力家.

ライバルの星飛雄馬の代名詞「大リーグボール」を

その努力と才能で幾度となく攻略していった.

 

完全に4番だが,4番には山田太郎を入れたかったため,

5番での採用.

 

 

6番 レフト 景浦 安武(あぶさん

f:id:road-to-the-victory:20170430185454j:plain

(出典:http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20131220/E1387476556311.html)

 

かなり昔からある作品で,70年代に連載が始まり,

つい最近(2014年?)ぐらいまで「ビッグコミックオリジナル」で

連載されていた野球漫画.

 

設定は酒豪の強打者.外野の選手が主人公になるのはなかなか珍しい.

酒のトラブルによってプロ入りへの道を閉ざされかけたが,

ドラフト外でホークスに入団し,その後すさまじい打撃成績を残す.

打撃成績からすれば完全に4番.だけど今回は6番での選出.

 

 

7番 ショート 佐川 周二 (H2)

f:id:road-to-the-victory:20170430190400j:plain

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2136723497518772601)

 

ショートを探すのに苦労にしました.

僕が読んだ作品の中で,ショートにスポットライトが当たるような

漫画がなかなかなくて思い出すのに時間がかかりました.

現実ではショートは内野手の華と言っても過言ではないのですが,

球漫画となると意外にも存在感が薄いポジションになってしまうようです.

 

そんな中しぼりだしたのが,あだち充の作品「H2」に登場する佐川周二.

橘英雄の幼馴染という設定で,俊足好打の1番タイプ.

今回の打線では,6番までが強打者タイプだったので,7番で起用.

 

 

8番 ライト 山川ケン太(ライパチくん)

f:id:road-to-the-victory:20170430191558j:plain

(出典:ライパチくん : DOUBLE SOUL blog)

 

すいません。最強打線を作るといったはいいものの,

ライトはこれという選手がなかなかおらず,

一つの漫画から複数人を選出するのはイヤだったので,

最強打線とはいうものの,

作品名だけで「ライパチくん」から山川けん太を選出しました.

 

実は僕,「ライパチくん」という漫画の存在は知っていたのですが,

読んだことは全くありません!

しかも「ライパチくん」の主人公・山川けん太は最終的に

ピッチャーで4番になってしまう??ようなので,

ライトで8番というわけではありませんが・・・。

苦し紛れの選出です.すいません(笑)

 

 

9番 ピッチャー 茂野五郎(MAJOR)

f:id:road-to-the-victory:20170430192548j:plain

(出典:http://news.baseball-license.com/2015/02/24/post-3085/)

 

投手が主人公の野球漫画は星の数ほどありますが,

僕が一番好きな野球漫画「MAJOR」から茂野五郎を

選出させてもらいました.

 

見ているものを熱くさせてくれる茂野五郎はやはり最強です.

投手部門では間違いなくNo.1だと思われます.

 

 

まとめ

球漫画で打線を組んでみたのですが,

球漫画の主人公ってポジションの偏りが大きくて,

投手・捕手・内野手あたりは考えやすかったのですが,

ショート・外野不足に頭を悩ましてしまいました.

「最強打線」とはいいながら,バランス的にもあまり

最強にはなりませんでしたが,まぁ自己満足ということで.

広告を非表示にする