ピーターパンに憧れて

21歳の大学生が普段の生活の中で気になったことを気まぐれに書いています.

変動費よりも固定費を節約する方がラクにお金が貯まる話。

f:id:road-to-the-victory:20170419103110j:plain

僕は現在親元を離れて大学生活を送っているので,

1人暮らしをしているのですが,1人暮らしをしている人ならば

「節約しよう」

って考えたことが一度はあると思います.

だけどすぐに無駄遣いしてしまうんですよね・・・・.

 

そこで僕がおすすめしたいのが,「固定費を節約する」

という考え方です.労力をかけずに割と大きな効果が出る

節約法ですので,シェアしていきたいと思います.

 

「固定費」と「変動費」とは??

固定費

固定費とは,年や月単位で毎回変わらず一定額を払っている費用のことです.

例えば,家賃・水道光熱費・新聞購読料・電話代・携帯料金・保険料・駐車場代

などが固定費に当たります.

 

変動費

変動費とは,日常的に支払っている費用のことです.

例えば,食費・娯楽費などが変動費に当たります.

 

 

「固定費」を節約する方が圧倒的にラク!!

僕たちが「節約しよう」って考えた時に

一番最初に削ろうとするのが,「変動費」の方だと思います.

 

食費を削るために朝ごはんと昼ご飯を兼用にするとか,

外食の量を減らすとか.

あとは娯楽費を削るために,友達の誘いを断って

遊びに行く回数を抑えるとか.お金のかからないデート

ばかりするとか.

 

でも食費や娯楽費を削るのってストレスが溜まりますよね.

お腹空いているのに食べれない,楽しく遊びたいのに遊べない.

ストレスが逆に衝動食いや衝動買いを誘発しちゃうなんてことも.

 

だからこそ「固定費」を削ることをオススメしたいんです.

固定費はほとんど無意識のうちに払っていることが多いです.

だから固定費を削ってもストレスにはなりにくいし,

固定費を削ってもライフスタイルが大きく変わることが無いので,

すごく便利な節約法です.

 

「固定費」の具体的な節約法

NHK受信料は年単位・口座引き落としで支払うとお得

NHK受信料は年単位で支払いをするとお得です.

ちなみに振込よりも口座引き落としの方がお得です.

 

地上契約(振込・1か月) 1,310円

地上契約(振込・1年)  14,545円(8%お得)

 

地上契約(振込・1年) 14,545円

地上契約(口座引き落とし・1年)13,990円(4%お得)

 

あと,一人暮らしをしている大学生には家族割引が適用される場合があります.

親がNHK受信料を支払っていて,

かつ一人暮らしの場合は通常の半額になります.

 

国民年金保険料も年単位で支払った方がお得

国民年金保険も月単位より年単位で支払った方がお得になります.

 

国民年金保険料は,

「2年前納」「1年前納」「6か月前納」「当月末振替」・「翌月末振替」

の5種類の支払い方法があり,長い期間分を一気に支払った分

割引が適用されます.

 

2年分をまとめて払う「2年前納」では,1年あたり7,820円安くなります.

たった2%の割引なのですが,支払う金額が大きい分かなりお得になりそうです.

 

水道光熱費口座振替にすることで節約

各自治体や電気会社・ガス会社によると思いますが,

コンビニなどで払い込みをするより,

銀行から口座振替で支払いをした方が安くなる(割引される)

場合が多いです.

 

割引額自体はそれほど大きくありませんが,

未払いによって延滞料が発生する場合もありますので,

自動的に毎月引き落とされる口座振替の方がいいかもしれません.

 

家賃の安い家に引っ越す

家賃を安くするのが一番大きな節約になると思います.

時には月数万単位で安くなる場合もあります.

 

狭い家に住み替えてしまうとそれはそれで窮屈になってしまい

ストレスにもなるので,一番いいのが,駅から離れることです.

徒歩数分離れるだけで,数万安くなったりする場合は割とあります.

 

携帯の料金プランを変更する

携帯の料金プランを変更するのも割と効果が大きいです.

最近では携帯会社が競争してさまざまな料金プランを提示しているので,

料金プランを見直すだけで月数千円単位で安くなる場合もあります.

 

僕の場合,もともとは電話料金をプランに入れていたのですが,

LINEが普及したこともあって,電話を使わないなと思い,

電話料金をプランから外した結果,月数百円安くなりました.

 

定期券を数か月単位で買う

NHK受信料や保険料同様,

定期券も1か月単位より数か月単位の方が安くなります.

 

例えばJR東海道本線の「大阪駅」から「京都駅」で

定期券を買った場合,

1か月:16,530円

3か月:47,100円(1か月より2490円お得)

6か月:79,310円(1か月より19870円お得)

になります.

 

まとめ

固定費の節約は短期的に見るとあまり効果がないように思えますが,

長期的に見ると数万円の節約になることも多く,

ラクに節約できるのもいいところです.

そんなに労力もかからないのでぜひやってみてはいかがでしょう.

 

広告を非表示にする