ピーターパンに憧れて

21歳の大学生が普段の生活の中で気になったことを気まぐれに書いています.

話題の「Twitter Lite」のメリットから使い方までまとめておいた

f:id:road-to-the-victory:20170408161453p:plain

今やだれもがやっているといっても過言ではないTwitter

僕も暇さえあればいつも見ているぐらいのTwitter中毒です.

 

さて,4月6日に発表されたTwitter Lite」というのをご存知でしょうか.

この「Twitter Lite」を使ってみてなかなか良かったので

今日は「Twitter Lite」について少し紹介したいと思います.

 

 

Twitter Liteとは??

Twitter Lite」とは,Twitterが2017年4月6日に発表した新サービスで,

ウェブブラウザからTwitterをサクサク快適に見ることができる

というものです.

 

データ使用量を軽くすることによって高速化を可能にしており,

2Gや3Gといった低速ワイヤレスサービスしか使えないような地域

中南米やアフリカなど)での利用に目を向けたサービスとのことです.

 

Twitter Lite」 のメリット

✔ データ使用量を節約できる

Twitterによると通常のモバイルサイトに比べ,

データ使用量が最大で70%抑えることができるといいます.

すぐに通信制限が来て困ってしまうあなた!

Twitter Lite」を使うべし!

 

✔ 読み込みが速い

使ってみるとびっくりするのですが読み込みがめちゃくちゃ速いです.

Twitterによると読み込み速度は最大30%UPだとか.

今までは通信制限にかかると読み込みが遅くイライラしがちでしたが,

通信制限下でもそこまでストレスなく動いてくれます.

 

✔ 軽量版ながらほとんど機能は同じ

「タイムライン」「トレンド」「通知」

「ダイレクトメッセージ」「プロフィール」といった

基本的な機能はすべて通常版と同じです.

ただ一部の機能は使えなくなっているようです(後で書きます)

 

✔ 広告やオススメユーザーの表示がない

普段僕はアプリでTwitterを見ているのですが,

広告やオススメユーザーが表示されるのってほんとに目障りだったんですよね.

それがなんと「Twitter Lite」では表示されないんです.

 

Twitter Liteで出来ないこと

基本的な機能はすべて通常版と同様に使えるのですが,

Twitter Lite」では使えない機能も一部存在します.

現時点で分かっている分だけ紹介したいと思います.

・アンケートを作成することができない.(閲覧・投票はできる)

・アカウントの変更ができない

・画像編集ができない(スタンプも)

・下書きが保存できない

・位置情報をツイートできない

・固定ツイートを設定できない.(固定ツイートを見ることはできる)

・夜間モードにできない

・左右のスワイプができない

 

Twitter Lite」として使うための設定

勘違いしている人がたまにいるようですが,

Twitter Lite」はアプリではありません.

あくまでもウェブサイト上のサービスです.

スマホなどから,「mobile.twitter.com」にアクセスして利用できます.

 

ただしこれだけでは通常版となんらかわりありません.

左上の自分のアカウントのアイコンのところをタップし,

「データセーブ」というところをオンにすれば,

Lite版として利用することができます.

 

f:id:road-to-the-victory:20170408161246p:plain

 

さらに「データセーブ」のところをタップして,

「タイムラインの画像プレビューをオフにする」のところを

有効にすると,画像のプレビューをしなくなるため,

さらに通信量を節約することができます.

f:id:road-to-the-victory:20170408161334p:plain

 

まとめ

Twitter Lite」は人によって気に入るかどうかわかれるところだと

思います.ですが,やってみると思っているより使い勝手はいいので,

一度試してみることをおすすめします.

また,Twitter Liteについて分かったことがあれば紹介したいと思います.

広告を非表示にする