読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーターパンに憧れて

21歳の大学生が普段の生活の中で気になったことを気まぐれに書いています.

大学生のためのクレジットカード講座―『クレジットカードとは?』編

f:id:road-to-the-victory:20170404182117j:plain

いまこの記事を読んでくださっている方の中には,

「クレジットカード作ってみたいけどよくわからない」

「クレジットカードを持つのは少し不安・・・」

と思っている人もいるかと思います.

 

僕も大学1年生の夏にクレジットカードを初めて持ったのですが,

(20歳になったということもあり)

初めは僕もクレジットカードを持つことに少し抵抗があって

クレジットカードを作ろうかどうか迷っていたのですが,

いざ持ってみるとかなり便利なことが分かったので,

クレジットカードを持つことに対する不安を解消しつつ,

クレジットカードを大学生が持つメリットについて

お話ししたいと思います.

 

 

クレジットカードの仕組み

✔ クレジットカードを使ったときのお金の流れ

クレジットカードを使ったときのお金の流れは次のようになります.

例えばクレジットカードを使ってゲームを買ったとしましょう.

 

①お客さんがカードを使ってお店でゲームを買う.

②お店はカード会社にゲーム分のお金を請求し,

 お店はカード会社に手数料を払う.

③後日,お客さんは利用代金をカード会社に支払う.

 

というのがクレジットカードを使った時のお金の流れです.

まとめれば,「お店に支払う代金をカード会社が建て替えてくれる」

ということです.

 

✔ カード会社への支払いについて

クレジットカードはカード会社が支払いを立て替えてくれているだけなので,

もちろん利用した代金はカード会社へ支払わなければなりません.

 

クレジットカードには「締日」「支払日」があります.

前回の「締日」から今回の「締日」までに利用した金額を,

「支払日」にカード会社に支払います.

 

具体的に説明します.

月末が締日で,支払日が翌月27日の場合,例えば

2017年3月1日~2017年3月31日に利用した金額は,

2017年4月27日に支払うことになります.

 

料金の支払い方法は基本的に銀行口座から引き落とされることになります.

なので,上の例の場合,3月1日~3月31日までに利用した金額分は,

4月27日までに銀行口座に残高として残しておかなければなりません.

 

✔ 限度額について

クレジットカードには「限度額」というのがあります.

この限度額を超えてクレジットカードを利用することはできません.

 

クレジットカードは信用(クレジット)のもとに成り立っているので,

カード会社は1人1人審査にかけることで,限度額を決定しています.

 

✔ 一括払い・分割払い・リボ払いについて

クレジットカードの支払い方法には三種類あり,

「一括払い」「分割払い」「リボ払い」があります.

 

【一括払い】

一番ベタな支払い方法です.

1か月分の利用金額を翌月の支払日に1回で払う方法です.

例えば,

3月1日から3月31日までに20万円を使った場合,

4月27日(支払日)に20万円をカード会社に支払います.

(通常は自動的に銀行口座から20万円が引き落とされる)

 

【分割払い】

1か月分の利用金額を翌月以降の支払日に数回に分けて支払う方法です.

2回払いでは手数料はかかりませんが,3回払い以降は手数料がかかります.

例えば,

3月1日から3月31日までに30万円使い,3回払いにした場合,

4月27日に10万円,5月27日に10万円,6月27日に10万円

を支払うことになります.

このとき,注意してほしいのが,

分割払いをした分,その月のカード利用額の上限が下げられるということです.

上の例の場合,4月1日から4月30日までに利用できる上限金額は,

「(上限金額)-  10万円」になります.

もちろん5月・6月についても同じです.

 

【リボ払い】

リボ払いはテレビCMでやっているため知っている人も多いかと思いますが,

毎月の支払い金額を同じにすることができる支払方法です.

毎月同じ支払金額になるため,お金の管理はしやすくなるかもしれませんが,

利子がついてくるため気を付けたいところです.

 

大学生がクレジットカードを持つメリット

✔ ネット通販の決算がラクになる.

大学生がクレジットカードを持つと一番便利になるのが,

「ネット通販の決算」です.

 

みなさんはネットでいろんなものを買うこともあるかと思います.

ですが,自分のクレジットカードを持っていない場合,

親のクレジットカードを使わせてもらったり,

代引きで決算をしたり,銀行振り込みの場合もあるかと思います.

 

正直めんどくさいですよね.代引きの場合手数料がかかりますし,

買ったものが親にバレたくない人もいるでしょう.

 

自分のクレジットカードがあれば,決算が便利になりますよ.

 

✔ 現金を持たなくて済む

日常生活のほとんどの支払いをクレジットカードで済ませることが可能です.

・コンビニの支払い

・飲食店の支払い

・公共料金(電気・ガス・水道)の支払い

・バスや新幹線,飛行機の予約

などなど,さまざまな場面で利用することができます.

クレジットカードが使えれば,現金が必要なくなってきます.

あなたは急きょお金が必要になって,

手数料がかかる時に銀行からお金を引き出したりしていませんか??

あなたが払ってしまっていた数百円の手数料も節約できます.

 

✔ ポイントが付いてお得に買い物ができる

クレジットカードを利用すると,だいたい1%~2%ぐらいポイントがつきます

なので100円の買い物をすると1円~2円分のポイントがつきます.

 

「1%」と聞くとあまりお得な感じがしませんが,

公共料金や旅行などの支払いをすべてクレジットで行えば,

意外と多くの金額を利用することになります.

 

仮に100万円分使えば,1万円分の得になります.

使う時期によってはポイントが数倍になる場合もあるので,

非常にお得になります.

 

大学生がクレジットカードを使う時の注意点

✔ お金を使いすぎないように.

現金を使わずに支払いをするので,

お金が無くなっていく感覚が無くなりがちです.

ただでさえお金事情が厳しい大学生です.

節約が大事になってくる中で,使い過ぎは抑えたい所です.

そういう意味ではクレジットカードは自己管理が必要なため,

人によっては向かないかもしれません.

 

✔ リボ払いは利用しない

リボ払いには利息がついてきます.

カード会社はリボ払いがお得であるかのように宣伝していますが,

利息によって支払いが追い付かなくなる場合もあるので,

大学生にはお勧めできません.

 

✔ キャッシング機能を使わない

クレジットカードには,

ショッピング時の支払いができる「ショッピング機能」のほかに,

現金をATMから借りることができる「キャッシング機能」があります.

「キャッシング機能」自体はとても便利で,例えば

現金を持ち歩きたくない海外旅行の時には活躍してくれます.

 

ですが当然,お金を借りるため利息が付きます.

利息がかさんで返済できなくなってしまう場合があるので,

キャッシング機能は使わないようにしておきましょう.

 

まとめ

初めてクレジットカードを持つ大学生のために,

クレジットカードの基礎基本について書きました.

クレジットカードを持つかどうか迷っている大学生のみなさん,

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

広告を非表示にする