ピーターパンに憧れて

21歳の大学生が普段の生活の中で気になったことを気まぐれに書いています.

超山盛り!「バンバン番長」の「ねぎとろ番長」を食べてみた @横浜・馬車道

メディアでも取り上げられ、話題になっていた

超大盛りネギトロ丼」をこの目で確かめるべく、

横浜の馬車道にある「バンバン番長」というお店に行ってきました。


Ⅰ.お店の情報

みなとみらい線馬車道駅(横浜駅から4駅ぐらい)下車し、
7番出口を出て歩くこと5分ぐらいの場所に、
話題のネギトロ丼を提供する「バンバン番長」はあります。

看板は見た目が横浜ベイスターズのロゴで、建物の2階にあります。

営業時間は11:15~14:30(ランチ)・17:30~24:00
定休日は月曜日(祝日の場合ランチのみ営業)

駐車場はありませんが近くにコインパーキングはあるようです。

住所:神奈川県横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 2F
tel:045-681-5606



II.話題のネギトロ丼

話題のネギトロ丼、「ねぎとろ番長」を早速注文していきます。

メニューを見ると「ねぎとろ番長」には1代目と2代目があり、
1代目はしょうゆ味、2代目は塩味です。
そしてしょうゆ味と塩味を半分ずつ楽しめるねぎとろ兄弟丼」もありました。

そしてご飯の量も調節できて、通常サイズ、

大盛りサイズ、レディースサイズがあります。

今回僕が注文したのは、ネギトロ番長1代目 大盛りサイズ(夜1400円)です。

ちなみに通常サイズは1000円(夜1100円)です。

注文の品を待っている間、店内見渡すと、

有名人がこのお店に来た時写真、サインが飾られていて、

ハマの番長で有名な元ベイスターズ

三浦大輔投手も来店しているようで、

ユニフォームが飾られていました。

そうこうしているうちに、ねぎとろ番長」が運ばれて来ました。

FullSizeRender

FullSizeRender (1)

「ネギトロ多すぎ!」

ご飯が見えないぐらいに高々とネギトロが盛られています。

このままでは食べられないので、

ネギトロを小皿避けて少しずつ食べすすめていきます。

大盛りサイズになるとご飯の量がかなり多くなるので、

ネギトロを食べるペースを調節しながら、完食しました!

大盛りということもあり、お腹はいっぱいです。

人より食べる方でも大盛りサイズで満足できます。

写真を見てわかるように、ネギトロ丼の他に、

スープ、小皿料理が数種類付いて来ます。

ネギトロが無くなっても、おかずと食べれるのでありがたいです。

実は、最後に100円でだし汁を注文でき、

少し残したネギトロ丼でお茶漬けも楽しめます。

僕はお店に行ったのが夜遅かったので、売り切れということでしたが、

間違いなく美味しいのだろうと思います。

ぜひ、「バンバン番長」の「ねぎとろ番長」を食べて見てください!

広告を非表示にする